プラセンタ注射の効果と特徴

Pocket

“プラセンタ注射の特徴として、プラセンタの成分には、成長因子があります。この成長因子には、細胞の新陳代謝を促進させ、細胞の増進や促進を促すものです。少量でも十分な効果が期待でき、アミノ酸やビタミン、酵素などと同じように体内の細胞を作る原料でもあります。日常の生活では補うことができない成分を有効的に取り入れることができます。投与方法には、種類があり、皮下、筋肉、ツボとそれぞれ注射を打つ場所によっても特徴があります。静脈への投与は、副作用が出る可能性が高く、速やかに体外へ排出されるため、不可とされています。
皮下に打つ場合は、投与する薬液量や吸収量が少なく、痛みも少ない方法です。また、他の方法に比べると金銭的負担も少なくて済みます。
筋肉に打つ場合は、筋肉にある筋層には血管が多いことから吸収速度が速いため、より即効性を求める場合に有効的です。
ツボに打つ場合には、基本的にエイジングケア目的で打つ場合が多いです。皮下や筋肉に打つ場合に比べると金銭的な負担がかかります。
プラセンタを体内に投与することで、美白や保湿、しみ、たるみなどの美容や更年期障害や生理不順、生理痛、冷え性などの女性特有の悩みに対して効果があるとされています。他にも、肩こりや腰痛、疲労、花粉症などのアレルギー、自律神経失調症、不眠症、うつ病などに対しても期待できます。美白や美肌などの美容目的の場合には、定期的にプラセンタを摂取することになります。”